服用方法を間違えると妊娠してしまうアフターピル

ちょうど2年前くらいに中学同窓会で中学時代の友人たちと再会しました。久しぶりの会話で独身組の私たちの避妊事情になり、私は緊急避妊薬であるアフターピルの話をしました。中学時代の親友のA子は「彼とのエッチで使いたい」と言っていたのでアフターピルのサイトを教えてあげました。

それから1年も経たないうちにA子が妊娠したことを知りました。私は急いでA子に電話をしました。

するとA子はアフターピルを使用していたのにも関わらず妊娠をしていたのです。

A子は彼とエッチの際にゴムに穴が開いていたことに気づきアフターピルを服用したと言います。

しかし12時間以内に服用したと言いますが3週間経っても消退出血らしき出血がなく、妊娠検査薬を使って調べたところ妊娠をしていたと言います。

じつはA子はアフターピルの服用期間を開けずに1週間に2回服用してしまったのです。
アフターピルは服用後して消退出血があるまでは、次のアフターピルを服用しても効果がないのです。

というのも、アフターピルを服用することで体内のホルモンを急上昇させ、その後急降下させることでホルモンバランスを乱れさせて受精卵が着床しないように人工的に子宮の膜を剥がして消退出血を起こさせます。

ですが消退出血がないのにも関わらずエッチをして、避妊の為に遅れた排卵のタイミングと合ってしまえば余計に妊娠しやすくなってしまうのです。

A子は4日前にアフターピルを服用後、消退出血がくる前にコンドームを着けていれば避妊できると思ったようですがコンドームに穴があいていることがエッチ終了後に発覚し慌ててアフターピルを飲んだと言います。
そしてA子は妊娠をしたのでした。

私はそんなのことがあるのかと驚きました。

それからA子は産む決意をして出産をして今では1児の母です。人生は何があるかわからないですが、私もアフターピルの使い方には十分注意しようと思いました。

Related Posts